子供の便秘の原因

P

最近では便秘に悩まされている子どもがとても増えているようです。

 

では子どもが便秘になってしまっている原因にはどういったことが考えられるのでしょうか。

 

子どもの便秘の原因を知ることによって便秘を解消したり改善させることができます。

 

子どもの便秘にはとても色々な原因が考えられます。

 

まず一つ目には食生活が当てはまります。

 

毎日の食事は健康においてとても重要ではありますが、食物繊維が足りない場合には便秘が生じてしまう可能性があります。

 

また主に肉類が中心となっている食生活である場合には特に食物繊維が不足してしまいやすいです。

 

食物繊維を豊富に含んでいるものは主に野菜類や海藻類などです。そういった食材をうまく毎日の食生活に取り入れるようにしましょう。

 

また便をすることを我慢していることで便秘になってしまう可能性もあります。

 

子どもは特に遊んでいる途中だったりトイレトレーニングが嫌でうんちを我慢してしまうなんていうことも多いです。

 

まずは子供とコミュニケーションをとり、お腹に便がたまりにくい生活習慣を作ってあげましょう。

 

子供の便秘の対処法

 

わが子が苦しんでいる姿を見るのはとても辛いですよね。

 

そんな子どもの悩みの一つである子どもの便秘は早めに対処してあげることが大切です。

 

子どもの便秘は、早めに対処しないと慢性化してしまう可能性があります。便秘が慢性化する事で悪い影響を及ぼしてしまうこともあり得るのですぐに対策をとってあげましょう。

 

子どもの便秘の対策方法や改善方法としてできることには、まず水分をたくさんとらせてあげるということが挙げられます。

 

水分をとることによって便が水分を含んで柔らかくなり、排便しやすくなります。

 

また他にもお腹をマッサージをしてあげるという方法もあります。子どものおへそを中心に「の」の字をかくようにして優しく手のひらでマッサージをしてあげるとそれによって腸が刺激されて活性化され、排便がしやすくなります。

 

また食事によっても改善できます。ヨーグルトなどの乳製品や食物繊維を豊富に含む食品を食べさせてあげてください。

 

子供の便秘対策について 

 

子供の便秘は見ているだけでも可哀想です。しかし、ちょっと便が出ないからと大騒ぎするのは良くあちません。

 

もとより便秘というのものは3日以上も便が出なくて便が出ると便が固くて血が混じるような苦痛を伴なうような場合を言います。

 

そのようなときは便秘として何らかの対策を考えないといけないということになるのですが、そうでない場合は様子を見ましょう。

 

便秘になるのが赤ちゃんのような小さな子のときはミルク不足のことがあるようですので粉ミルクなどを多めに与えると解消することもあるようです。

 

時折はこよりを作ってお尻をつついてあげるというも効果的です。幼稚園や学校に行くような大きな子供なら毎朝、家で便をするということを習慣として付けるということが大切です。

 

家で便をしないで学校でも我慢をするということを繰り返していると便秘の原因ともなるようです。

 

また、最近は腸内の環境をととえてくれるような子供が好きな乳酸菌飲料やヨーグルトなども販売されていますので、そうした食品を効果的に与えるようにすると解決できることも結構多いようです。

 

子供が便秘で吐いた場合は?

 

便秘は本来なら排出されるべき便が排出されることなくお腹の中に溜まってしまう大変つらいものです。便秘というと症状が出るのは大人だけかと思いがちですが、そんなことはありません。子供でも便秘にはなるのです。子供が便秘になるのは食生活の影響もありますがストレスの影響も考えられますので適切な対処をして便秘を改善していくということが大切なこととなります。しかし、便秘をしている上に嘔吐もするということになると注意をしなくてはいけません。それは原因が便秘により体力や抵抗力を失った子供の体に本来なら排出されている便の発酵による毒素としてウイルス性の感染をしている可能性が高くなるからです。子供が嘔吐したものは絶対に触れないようにして処理をしなくてはいけません。二次感染を防ぐためです。嘔吐をした子供は脱水症状に陥る可能性もありますので水分を給水しやすいようにスポーツドリンク等を与えて脱水症の予防を行うことを徹底しなくてはいけません。たかが便秘のように思ってしがいがちで放っておくこともあるかもしれませんが嘔吐まですることになるとかなり注意が必要なのです。

更新履歴